葛飾、最後のピース
402 578pages Completed other Youth
ぐろわ姉妹
Story Language
Love it!
Library
Start Reading
Translate
2016/3/3…完結

◆あらすじ◆
幼い正義感が生んだ過去の過ち。
もう二度と同じことを繰り返したくない青年は、つらい思い出の残る葛飾区を飛び出し、横浜でサラリーマンとして暮らしていた。
だがある日、苦手とする故郷に戻り配達をしなければならなくなる。
そこへ彼を「ヒーローさん」と呼ぶスカート男が現れ、故郷限定方向音痴の彼は道案内をされることになるが……

この俺に区民(ピース)であることを君が願うなら、俺は君が求める平和(ピース)を願おう。

小学生の頃は「ほんとのヒーロー」だった一英と、変わってしまった彼を憂い、長年のストーカーとなったジャスティーの話。
東京都葛飾区を舞台にした、リグレッションストーリーです。

◆一英編・2010年夏
◆ジャスティー編・2012年冬

Comment

kao._.

武勇伝がとても軽快で、小気味よく楽しく読みました。
ご近所の方が寄ってきて力をかしてくれる様子は、温かさを感じます。
物語の中に流れる空気が、不思議と懐かしくほっとします。
しかし起こってしまったこと・・。
ささいなことで、思いもしないことで、このようなことに
直面することがあるかもしれないと、胸が詰まりました。
何気ない人物たちのやりとり、描写に人間味と人柄がにじみ、とても素敵です*
一英の抱える思い、瑠奈も優しいですね*
家族、兄弟の様子も一家の人生を見ているかのような気がしました。
そして登場する個性的な人々・・*
拝読していて一緒に笑ったり、焦ったり、驚いたりしてしまいます*
素敵な物語です*
Commenttri1
01/10 19:50 Love It 0

ぐろわ姉妹

kao._.様
ありがとうございます。kao._.さんの下さったご感想のほうが、私たちの小説より何百倍も温かいです…! 私たちの小説は多くの方に読んで頂けることがないので、誰かが読んで下さっただけでも本当に嬉しいのです。タスキーはどこで読者数を確認すればいいのか解らず(もしかしたら確認はできないかのなとも思いつつ)、とても不安でしたが、こんなに温かいご感想を残して頂けたことで大きく安心することができました。感謝しきりです。
物語的には、本日UPしたところから事情が変わってきますので、優しさを翻す人も出てきます。2010年から書き始めて2015年にやっと書き上げたものなので、もしこの後もお楽しみ頂ける相性でしたら、最後までお付き合い頂ければ幸いです。本当にありがとうございました。今後も励んでまいります! Commenttri1
01/11 20:25 Love It 1

kao._.

ぐろわさん*v///たくさんお返事のお言葉までも!///*;;ありがとうございます・・* 本当に素晴らしく*素敵なお作品でしたので* このお作品を読まないのは*まったくもったいないなと思います*
また、姉妹での創作* わたしも妹がいますので*姉妹だと、互いが良く分かることもわかります* しかし、互いが同じものを創るなど*経験したことがなく*
このように素敵なお作品を読んで* それはすごいことですし*憧れるなと思いました*v 良い姉妹で素敵ですねv///*
読者数は*いずれ見えるようになると*twitterで拝見しました*///
でも、数よりも*誰かお一人にでも届けばと思いますが・・*///
間違いなく*自分にとっては*このお作品はすごいと思いました*そして、とても好きだと思いましたv
時間をかけて、書かれてらっしゃること*なるほどと思います*
このようなお作品は*そんな風に時間をかけて創られるものに違いありません*
また楽しみに*拝読します・・*v///
Commenttri1
01/13 19:03 Love It 0

ぐろわ姉妹

kao._.様
妹さんがいらしたのですね! 私も姉のほうなので同じですね^^
私と妹は面白いと思うものが似ており、でも目の付け所が違うので、ちょうど補い合えるような形でやってこられています。
私が「材料はこれで、こんな感じの料理を作りたいと思うんだけど!」と差し出したものを、妹が「なかなかいいけど、これじゃ美味しくないかも。たとえば材料の切り方はこんなふうにして、味付けはこんなふうにしてみて、スパイスも幾つか入れてみたら?」なんてことをアドバイスしてくれます。
それでレシピを作り直し、試作品に失敗し、またレシピを変え、何度も味見しながら熟成させ。盛り付ける器やテーブルの飾り付けなんかも整えているうちに、数年が経ってしまうという…^^;
でも例え何年かかっても、作品を生み出すというのはとても楽しい作業ですよね。kao._.さんからも、そういった楽しさを味わっているだろうことが伝わってまいります。
それと、今後は読者数が見えるようになるんですね。BETAだからまだまだ色々と変わるのかな。おっしゃるように、数が大事なのではありませんね^^ kao._.さんからこんなに素晴らしいお褒めの言葉を頂いて、今とても、それが身に染みております。
ありがとうございます! Commenttri1
01/14 21:45 Love It 1

kao._.

銭湯での撮影に爆笑しました* 菖蒲・・*
そういえば、自分も子供の頃入ったのを思い出します。
懐かしさが湯気の中に、香るようです*
一英が、どんな選択をしてゆくのか* いよいよ気になってきました。
それにしても*とんでもないことになりましたね///*><
追うジャスティー・・///
とうさんのやり取りにくすりとしながらも///
行け、戻れ* と心の中で願ってしまいました・・*
事実を語る場面には、涙しました。
この思いは、本当にすごいです。 許されないこと、
取り返しのつかないことが、現実にはあるのではないかと
感じられます。 
ジャスティーの決意は強いものですね*
相手を傷つけるかもしれないけれど、それでも失いたくない思い、
強い愛情・・* ため息が出る程、素敵です*
それにしても公彦の今には驚きました!///
とても見事だなと思いました。 これもまた、案外、
現実にはこういうことがあるかもしれませんよね* 自分が思うのと、
相手が思うのは違うのですから* これはあることじゃないかなと
思いました* 何より、嬉しかったです*
自責についても、考えさせられました。
ああ* 瑠奈さん・・・/// このずれ* なんともいえない・・*/// Commenttri1
01/23 17:20 Love It 1

ぐろわ姉妹

kao様
ご感想ありがとうございます。ひとつひとつのシーンをしっかり読んでくださってるのが、とってもありがたいです。自分たちが書いたようなものをこんなにちゃんと読んで下さる方もいるんだなぁと、驚くばかりです。嬉しい驚きです。やはりkaoさんには、文章を映像イメージ化できる能力があると思います。
kaoさんのご感想が暑苦しいだなんて、そんなことないですよ^^ おアツいの大歓迎です。ここのシーンではこう思ったなど教えて下さるので、自分たちの書いたものがどんなふうに伝わるのか、そこでどんな反応がおきるのかなど、手に取るように解り興味深いです。そしてとても勉強になります。
それから、主要人物たちが皆そこはかとなく下品なおバカですみません。特に公彦…。ここまで読んで頂けたkaoさんはこのくらいのお下品耐性ならある方と思いますが、今後もまだお下品続きになります。それがなんか申し訳ない気もします…;
細かなところまで理解しながら読み進んで下さっているようなので、どこかで大きなミスとか、伏線の回収なんかをし忘れてやしないかと、そんなことにハラハラしてきました。
(*・・*)ダイジョウブかな…多分ダイジョウブ…
一英編は全48話、ジャス編は全26話と長丁場ですので、どうかご無理のないペースでお付き合い下さいね(^^)ノ
いつもありがとうございます☆
Commenttri1
01/23 23:05 Love It 1

kao._.

はいっ*vこれからも楽しみに拝読しますっ*v///* ええっ!* 下品* 素敵ですよ!* 下品を素敵に描くのってすごく難しいですよ!///*←何をいってるんだろう* とにかく素敵ですv いえそんなっ*v自分は伏線がどうなど*考えて読んでいません* 何より物語をただ楽しんで読んでいますv 1ファンの読者ですv///* これからも楽しみにしております♪v*^^*ノシ Commenttri1
01/24 17:34 Love It 1

ぐろわ姉妹

下品を素敵、なんだか面白い表現ですね(^▽^) 読んで下さる方がいると思うと、自然と自分でも読み直しながら投稿するものですね。おかげさまで誤字脱字など発見したり、表現に少々手直しを加えたりできています(^○^)ノ Commenttri1
01/24 20:02 Love It 1

kao._.

瑠奈とすれ違ってゆく一英・・*
ルナは悪い子ではないと思うけれど・・*
どうもかみ合わないような気がしてきます。
葛飾の雰囲気に、読んでいるうちに馴染んでしまい!
逆に、ルナの雰囲気に違和感を感じるようになってしまったのでしょうか・・///*

一英とジャスティーの会話。
葛藤している場面であっても、言い合っている場面であっても、
このままずっと、聞いていたい気持ちになります。
わたしは二人が好きなんだなと思いました。
物語の人物であるけれども、近所の良く知る
お兄さんのような気がしてきます・・*

それは街の人々や、家族も同じで、存在感がものすごくて*
何気ない会話、やり取り、全てが自然で、
身近な人々のような気がしてきます。


一英が幼い心に感じたことは、辛いものでしたが、
目線を変えれば、大人の配慮など、
物事にはいろいろな面があるものですね。
それを物語に描き出すのは、ものすごいことだなと感じて、
感慨深く拝読しました。

最後のピース*
そんな意味もあったのですね*

マサヨさんにも衝撃でした・・///*

ジャスティー編、母の思い出は、切ないですね。
その変化はつらいものですね。

暴力でなく守ること、そこにヒーローの元があるのかと、
感動しました。

好きと確認したくなるお母さん、どこか憎めず、
お茶目にも見えます。

誰のために履くのか。
その潔さと思いやりに、涙が込み上げました*
ジャスティーが皆に人気な理由がわかります*

そして、履き続けること、
ここは、もしかしたら笑うところなのかもしれないと思いましたが。

感動して、涙が出ました。

素晴らしいです。 本気のスカート!

本気の強さに、心揺さぶられました*

担任の先生が、感動したって書かれているけれど、
わたしも単純だから、泣けるのでしょうか!

こんな正義が、感動があるのですね*


母を守ろうとした場面もとても好きでした、
正義の葛藤、一英とのやり取りが素敵です。

そして花火の中の二人・・*

事故の理由、正義の決断。

街の様子、暮らしぶりがありありと見える中、

その先も、人々が続いてゆく予感と共に、
清々しい余韻に包まれました。

素晴らしい物語です* Commenttri1
03/06 18:05 Love It 1

ぐろわ姉妹

kaoさん

長編を最後まで読んで下さっただけでなく、こんなにも温かいご感想まで、ありがとうございます。
kaoさんのコメントを読んでいると、しみじみと嬉しくて、ほわーんとしてきます。
そしてなぜだか、該当するページを自分でも読み返してみたくなります。

感動して涙が…というお言葉に、こちらこそ涙が滲みました。
自分では、誰かが感動してくれるなんてまったく思えず、ただ書くべきことを必死に書いていた記憶しかありません。
必死=楽しい、ではあったんですけれども、ほかの方が楽しんでくれるものだとは、正直思えていませんでした。
kaoさんに出会えて、この作品も浮かばれますです。
kaoさんの豊かな再生力でお読み頂けたことは、まるでクジに当たったような、大変ラッキーなことだと思います。

実を言うと、私は葛飾区が嫌いだったんです。
でも好きになりたいと思ったのがきっかけで、この作品を書きました。
書き上げた時にはだいぶ好きになっていたのですが、他の方にもこうして楽しんで頂けたことで、またより一層好きになれました。

読むことも感想を書くことも、貴重なお時間を割いてくださったことです。
ヘタクソなところはたくさんあったと思います。
なのに、そういったところには目をつぶり、こんなに拙い作品を最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。
同じ言葉しか言えませんが、いっぱい感謝しています。
本当に本当に、ありがとうございました!

これからも頑張っていきます^^ Commenttri1
03/08 09:16 Love It 1

kao._.

ぐろわさんっ*こちらにまでも! お返事をありがとうございます///* そうだったんですか!* 葛飾が嫌いだったのですねv* 意外で、驚きました*
この物語を読んだ人は、間違いなく好きになると思います*

自分も全てのお作品を拝読できているわけではありませんが*///
葛飾、最後のピースは、本当に面白く*
素敵で* 感動しました*

謙遜されてらっしゃいますが///* へんだと思ったところなんて
わたしにはどこもありませんでした*

逆に、素晴らしすぎる描写と、展開* 人々の人生や息吹を感じて
物語を読むよりも、様子を見せて、のぞかせてもらいに来る感覚でいました*

読むというより、ちょっと街に訪れて、人々の様子を見に来たみたいなv
本当に、一英のように、里帰りじゃないけど*
葛飾の様子を、一英の様子をのぞいている気持ちでした*

今まで拝読した物語の中で、特に思い出に、心に残る物語でした。

読んでいる時味わう感覚も、大好きでしたし*
描かれている人生や、人々の想いが、ありのままで、
また力強くて* 物語の伝えようとしていることが、好きでした*

どの場面でも、読んでいて、すごさにうなるほどで*

PCの前で、ああっ!*とか///*は~っ!///* とか
感動していました*

何か伝えられればと思い*厚かましく感想をお伝えしましたがっ*
喜んでもらえて嬉しいです*

何か思ったとき、少しでも伝えられればなと思って///*
つい厚かましくも感動して書いてしまいますv///*

これからもお作品*楽しみにしております*

また、お話できて嬉しかったですv
ありがとうございます!* Commenttri1
03/08 18:21 Love It 1
Table of Contents
主な登場人物紹介
··· 1
覚えた悪のにおい◆一英編・第1話
··· 2
公彦という男◆一英編・第2話
··· 6
武勇伝◆一英編・第3話
··· 14
正義の代償◆一英編・第4話
··· 19
唯一の理解者◆一英編・第5話
··· 29
突然の報せ◆一英編・第6話
··· 35
数年ぶりの再会◆一英編・第7話
··· 42
不審で無邪気な好青年◆一英編・第8話
··· 50
その胸に愛はあるか◆一英編・第9話
··· 58
アジト◆一英編・第10話
··· 63
変わらぬ実家◆一英編・第11話 
··· 70
入れない場所◆一英編・第12話
··· 77
有能なナビゲーション◆一英編・第13話
··· 83
飲めない酒◆一英編・第14話
··· 91
三日の恐ろしさ◆一英編・第15話
··· 99
メンズスカートを肴に◆一英編・第16話
··· 109
癒しの水元公園◆一英編・第17話
··· 119
傷心させる女◆一英編・第18話
··· 129
それぞれの理由◆一英編・第19話
··· 135
仕組まれたマリッジブルー◆一英編・第20話
··· 142
新小岩公園、思い出のキャッチボール◆一英編・第21話
··· 150
ノックダウン・プロダクション◆一英編・第22話
··· 160
ビバ、ノンノ!◆一英編・第23話 
··· 168
寝耳に水攻め◆一英編・第24話
··· 178
かさぶた◆一英編・第25話
··· 187
その胸に渦巻く怒り◆一英編・第26話 
··· 199
隠される真意◆一英編・第27話
··· 204
迷い子の帰りたい街◆一英編・第28話
··· 213
君にしか解らないこと◆一英編・第29話
··· 220
ルーツ◆一英編・第30話
··· 230
転身◆一英編・第31話
··· 238
悪者は誰◆一英編・第32話
··· 245
不意打ち彼女◆一英編・第33話
··· 252
空回り彼氏◆一英編・第34話
··· 262
好演不審者◆一英編・第35話
··· 269
好きな人の好きな人◆一英編・第36話
··· 280
マスクドヒーロー◆一英編・第37話
··· 291
連鎖を断ち切るもの◆一英編・第38話
··· 299
愛の奇襲攻撃◆一英編・第39話
··· 308
本心◆一英編・第40話
··· 319
忘れるもの◆一英編・第41話
··· 328
忘れないもの◆一英編・第42話
··· 336
君はグレイトサマナー◆一英編・第43話
··· 342
出でよ、カタヌキスト◆一英編・第44話
··· 353
リターンマッチ◆一英編・第45話
··· 361
新たな古巣◆一英編・第46話
··· 369
それが最後のピース◆一英編・第47話
··· 378
そして、世界は平和だったことになる◆一英編・第48話
··· 387
言えなくなった言葉◆ジャス編・第1話
··· 394
最高の宝物◆ジャス編・第2話
··· 399
十円で引き受けた難題◆ジャス編・第3話
··· 405
近いのに遠い場所◆ジャス編・第4話
··· 410
おんぶと抱っこ◆ジャス編・第5話
··· 417
重荷の運び方◆ジャス編・第6話
··· 424
女には優しく◆ジャス編・第7話
··· 433
男には誠実に◆ジャス編・第8話
··· 441
やるなら本気の現実逃避◆ジャス編・第9話
··· 448
ハンドカフ◆ジャス編・第10話
··· 455
スカートへの想い◆ジャス編・第11話
··· 460
誰のために履くの◆ジャス編・第12話
··· 468
架け橋◆ジャス編・第13話
··· 477
氷雨、降る◆ジャス編・第14話
··· 485
守らなきゃならないもの◆ジャス編・第15話
··· 496
破ってしまったもの◆ジャス編・第16話
··· 502
それに価値があるとしたら◆ジャス編・第17話
··· 508
猛魚◆ジャス編・第18話
··· 514
マイウェイ◆ジャス編・第19話
··· 520
乗り換え駅◆ジャス編・第20話
··· 529
その日、この星は陰極まって陽となる◆ジャス編・第21話
··· 534
強行レドックス◆ジャス編・第22話
··· 542
お楽しみはこれからだ◆ジャス編・第23話
··· 550
パラダイス・リファウンド◆ジャス編・第24話
··· 556
届け七色ピースメイカー◆ジャス編・第25話
··· 563
そして、世界は生まれ変わっていく◆ジャス編・第26話
··· 571
Do you really want to delete?
Cancel
Delete
Which language will you translate to?
Fanction
  • Write your story
  • Upload image
  • Search
  • My Library
  • My Page
  • User Settings
  • FAQ
  • Sign Up
  • Login
Genre
Story Language
Japanese
©2015 Taskey Inc.
Login

Log in with an SNS account
×
Invite
&
Feedback
Invite Friends
Feedback
Display Language
This changes only the language that taskey is displayed in. It will not change the language of the stories shown to you.
Story Language
This changes only the language of the stories displayed. It will not change the language that taskey is displayed in.
Save
×
Contact
Feedback
※Required
Send
Thank you for using taskey!Please don’t hesitate to give us feedback about taskey.
※Required
For those who require a response, please write your mail address.
Send
s