<< Previous Next >>
Japanese
Original Title
~第1話・4章 【蒼いリボン】~
Traditional Chinese
Title
 ルチナリスが城に戻ると城内がざわついていた。
 ……いや、ざわついていた、と言うのは語弊があるだろう。ざわざわと大勢の気配がする。空気が揺れている。その空気の揺れは風のうねりにも、そして声のようにも聞こえる。
 しかし、あたりを見回しても相変わらず人の姿はない。
 声だけの状態に慣れたとは言え、これだけ大勢の気配がするのに姿が全く見えないというのはやはり奇妙だ。
 廊下を歩く彼女の横を通り過ぎて行く「気配」。しかし振り返ると誰もいない。
 窓から差し込む光は、カーテンのようにゆらゆらと廊下に敷かれた赤い
天鵞絨
(
ビロード
)
を照らしているだけ。



 この気配が悪魔なのだろうか。

 あの馴れ馴れしく話しかけて来る声も悪魔だったのだろうか。
 そう思うと背筋が冷える。
 ああ。でもこれも全て
義兄
(
あに
)
に会えばわかること。

 ルチナリスの足はまっすぐ執務室へ向う。
 この時間、あの人はそこにいる。



「……勇者は?」


「今第3部隊が応戦中っす」

 執務室の扉の前まで来ると、漏れてくる義兄の声が聞こえた。誰かと話をしているようだ。
 誰だろう。執事ではないようだが。
「第3? ったく、最近たるんでるだろお前ら」
 ギシ、と椅子の背もたれが軋む音。
 不機嫌そうな義兄の声とは裏腹に応対している相手は嬉しそうだ。
「久々に魔王様の雄姿が見れるってみんな喜んでるっすよー」

 ……魔王?

「お前らわざと負けてないか?」
 悪魔じゃなくって、魔王?
 レベルアップで進化でもしたのだろうか。
 こともあろうに……魔王!?
 この城は悪魔の城と呼ばれている。
 そこを居城にしている城主が、そのことを知らないわけはない。
義妹
(
ルチナリス
)
には教えなかっただけで、本当に悪魔は存在していたのかもしれない。

 でも。

 勇者と応戦中ってどう言うこと? それじゃまるで……。

「そこでなにをしているのです、ルチナリス」
 執務室のドアをノックしようか逡巡していたところへ、いきなり背後から肩を叩かれた。
 わかる。声だけで。
 ルチナリスがおそるおそる振り向いた先には、冷やかな眼差しの執事が立っていた。
 いつの間に。


「青藍様は執務中です。要件なら私が」

「いいい、いえ、なんでもありません」
 目が据わっている。部屋に近付く者は誰であろうと排除する気満々だ。いや排除ならまだいいが、この人の場合この世から抹殺しかねない。
「……なにか、聞きましたか?」
 凍りつきそうな声にルチナリスは後ずさった。
 数歩も下がらないうちに背中に壁が当たった。

 ここは悪魔の城。

 悪魔って本当にいるの?
 魔王って、誰なの?
 しかしそれを口にしたところでなんになるだろう。
 今質問しているのは向こうなのだ。
 その答えも出さずに逆に問うたところで、目の前のこの男が答えるはずがない。
 その時、執務室の扉が開いた。
 出てきた義兄は執事と義妹を前に出しかけた足を止め、不思議そうにふたりを見比べた。

「あれ? るぅ……とグラウス? なにしてんの?」

 扉越しに聞こえた声とは違う、いつもの穏やかな義兄の声。
 いつもと同じ無邪気そうな笑顔。
 いつもの。
 ルチナリスは義兄の向こうに見える部屋の中を目だけで探る。
 他に誰かいるような人影は見えない。気配もない。
「いいえなんでも」
 ルチナリスの肩に置いていた手をするりと外しながら、素知らぬ顔で執事は主に微笑んで見せた。

 義兄は目を瞬かせてもう1度義妹と執事を交互に見、それから義妹の上で目を止めた。

「るぅ?」
 どうしよう。
 いつもと同じに見える義兄の目が、今は心の中まで見透かそうとしているように感じる。
 口が渇いて仕方がない。唾を飲み込もうとしても、カラカラに乾いた空気だけが喉を擦るようにして落ちていくだけ。
 どうしよう。こんな時ってどうしたらいいんだろう。
 勇者と戦ってるってどういうことですか? とはとても聞けない。
 でも黙っていたら余計に疑われる。

 目の前にいるこの人は、さっき誰かと話をしていた。

 その誰かは「魔王」と言った。
「……あ、あの、髪……」
 義妹の声に義兄は不思議そうな顔を向けた。
「髪?」
「朝くしゃくしゃになったままだったでしょう。だから、あの」
 話題を変えるにしても無理がありすぎる。

 埃っぽかったのは朝で、それからもう何時間経っていると言うのだ。そのまま放置していたとしても埃なんか取れているだろうし、実際、着替えも済ませたのだろう、今の義兄は朝とは服装まで変わっている。

 身だしなみに気を遣うくらい普通だ。いつ来客があるかわからない人なんだから。……すぐ横にうるさそうな人も張り付いているし。
 その「うるさそうな人」を目だけで見上げると、予想外にこちらを見下ろしていて、ルチナリスは慌てて顔をそむけた。
 そむけても、後頭部に「なにを言っているんだ」とばかりの視線が刺さってくるのを感じる。
 ああ。やっぱり無理がありすぎた。



 それだったら「お兄ちゃんの顔が見たくて来ちゃった、えへ」と舌でも出してみせたほうがずっともっともらしい。そんなキャラではないとしても。

 しばらく黙ってルチナリスを見ていた義兄は、ふいに笑顔を浮かべた。
「……んじゃ、直して貰おうかな」
「青藍様!」
「だってこれから人に会うんだし」


 目をつりあげた執事に義兄は肩をすくめて笑う。悪戯を思いついた時のような、「仕方ないね」と呆れた時のような。

「少し待って貰ってて」
 にこにこと、それでいて拒否を許さない笑顔で執事の肩をぽん、と叩くと、義兄はルチナリスの肩に手を回した。
 彼女を、執事の視線から遠ざけるかのように。



 黒い髪に櫛を通す。 
 義兄の髪はいつも手触りがいい。猫の毛のように艶やかで柔らかくて。

 ルチナリスは、そっと自分の髪に触れてみる。

 比べるまでもなく硬い。色も貧相な茶色。この国にはいくらでもいる髪の色。
 義兄とは、全く違う色。
「本当はあそこでなにしてた?」
 義妹に髪をまかせながら義兄は問う。
「……なにも……帰ってきたらお城が騒がしくて……」
「そう」
 義兄は黙り込んだ。

 ルチナリスも言葉が続かない。

 窓からこぼれる白い光。その柔らかい光の中にいる義兄が好きだった。
 幸せ、ってこういうものなんだと、幼心にそう思ったものだ。
 今も同じ光の中だけど。
 そこにあるのは温かい幸せだけじゃない。強い日差しに溶けて見えなくなっているだけで、暗い、冷たい感情が漂っている。




 聞きたいのは、あたしがそこでなにを聞いたかってこと?

 それともグラウス様との仲を疑ってる?
 でも……あたしも、聞きたいことがあるの。
 勇者と応戦しているってどういうことですか?
 それって悪魔側っていうことですか?
 血筋なんかじゃなく悪魔側だから、襲われないんじゃないですか?
 あなたが悪魔とつながっているから、あたしたちも今まで無事だったんですか?
 義兄は答えてくれるだろうか。
 あたしが悪魔に襲われたのを知ってて、それでもあなたは悪魔の味方なんですか?

 今まで、あたしを騙してきたんですか?

 そんなこと、聞けるわけがない。
 黙ったままのルチナリスに、義兄はその蒼い目を向ける。
 不安げに揺れる中に、それでもなにかを探るような強い光を湛えたその目を。
 義兄は……本当はこんな白い光よりも、闇のほうが似合うんじゃないだろうか。


 唐突にそんなことを思った。

 闇のほうが。
 その髪と同じ、漆黒の世界のほうが。

 結わえて背に流した髪に、買ってきたリボンを結ぶ。
 この色は義兄の瞳の色。
 もともとはかなり深い蒼なのに、光に当たると明るく染まる。
 明るい青。空と海の色。
 そうよ。
 あたしの大事なお兄ちゃんは……悪魔なんて、関係ない、わ。

 さっき執務室から聞こえた声は錯覚。あの見えない声と同じで、どこか次元の違う世界の声が聞こえちゃいました、とか、きっとそうよ。

 だってここは悪魔の城なんだもの。それっくらいの超常現象は起きたって驚かないんだから。
「なに?」
 義兄の瞳に光が入る。
 リボンと同じ色。明るい、光の側の色。
「いえ、綺麗なリボンを見つけたので」
「リボン~!?」


 義兄は手を髪にやった。

「お前ね、男にリボンって変でしょ。取りなさい」
「よく似合ってますよ」
「んなわけない。まぁたグラウスになに言われるか」
 文句を言いながらも手鏡を傾けて、なんとか見ようと試みている。
 あわせ鏡にでもしない限り、後ろを見るのは難しいだろう。それでもひとつしかない鏡で見ようとしているさまは、なんだか子供のようで可愛らしい。
 手を伸ばせば簡単にほどけるものを自分で解こうとしないのは、一応は気をつかってるからなのかもしれない。


「……青藍様、魔王ってなんですか?」

 ルチナリスの声に義兄は動きを止めた。
 口を噤み、手にしていた鏡をぱたりと伏せる。
 ふと思う。
 聞いて、どうなるというのだろう。
 悪魔の城の悪魔ってなんですか?
 魔王って誰のことですか?
 あたしはどんな答えを望んでいるのだろう。


 心の中に引っかかったそれは、本当にあたしが望んでいる答えなのだろうか。

 その答えを義兄の口から聞いて、あたしはどうするつもりなのだろう。
 10年前にあたしを拾ってくれたあなたは、いったい誰ですか――?



「そろそろ行かないと」
 義兄はポケットから懐中時計を出して時間を確認すると、何事もなかったかのように立ち上がった。
 あぁ、義兄は今のことを聞かなかったことにするつもりだ。
 次に顔を合わせた時、きっとなにも知らないような顔で笑いかけるに違いない。

 あたしに義兄を引き止める

(
すべ
)
はない。止めたところで義兄が答えてくれるとも思えない。

 でも。
「ここを動くなよ」
 義兄はルチナリスの髪をくしゃくしゃっと撫でた。
 昔からなだめる時の彼の癖。「はい、これでおしまい」という合図。
 小さい頃はこれで怖いのが終わりなんだと嬉しくなったものだけれど。
 でも。
 これでおしまいにしてしまって、いいの――?

「……すぐに終わる」

 ドアから消える寸前、彼はそう呟いた。
 蒼いはずの目に、ゆらりと別の色が見えた。









Contents
Draft
<< Previous Next >>
Publish
Save
Cancel
You haven't saved your translation. Are you sure you want to leave this page?
Cancel
Yes
You haven't saved your translation. Are you sure you want to leave this page?
Cancel
Yes
Fanction
  • Write your story
  • Upload image
  • Search
  • My Library
  • My Page
  • User Settings
  • FAQ
  • Sign Up
  • Login
Genre
Story Language
English
©2015 Taskey Inc.
Login

Log in with an SNS account
×
Invite
&
Feedback
Invite Friends
Feedback
Display Language
This changes only the language that taskey is displayed in. It will not change the language of the stories shown to you.
Story Language
This changes only the language of the stories displayed. It will not change the language that taskey is displayed in.
Save
×
Contact
Feedback
※Required
Send
Thank you for using taskey!Please don’t hesitate to give us feedback about taskey.
※Required
For those who require a response, please write your mail address.
Send