はじめまして。anringoと申します。 ふわっとショートショート、BL小説書いてます。 不定期で更新していきます。 どうなるかな、よし、がんばろう。 よろしくお願いします。

anringo

@anringo092

Follow
Following
Follow
Saved
50 characters or fewer
400 characters or fewer
Love Story
other
巡る。
鳥羽あかね、18歳。 彼女の人生は、彼女のものではなかった。 彼女の自由は、もう決められていた。 彼女の思いは、誰にも伝わらない。 彼女の言葉は、誰にも反響しない。 そんな彼女を見つけたのは、とある赤髪の男性だった。 素敵なメロディの曲に出会ったので、聴いた勢いそのままに、自分なりの、男女の恋愛話を、書いてみたいと思います。(an)
Read
Love Story
Youth
わたしのらいおんぼーい
恋をしました。 黒髪の私が、眼鏡の私が。 勉強しかやってこなかった私が。 あなたは私の百獣の王です。 ショートショートです。初恋のような甘酸っぱいような。 こういう恋を、したようなしてないような。 ちなみに私は全く頭良くありません;;(an)
Read
Poetry
other
したためる。
言葉を、したためます。 わたしの、詩集・軽めのショートショートです。 どうなるのかな、これは、とりあえず、書きます。(an)
Read
Love Story
Youth
おれのくろかみがーる
別に興味なんてなかった。 恋なんて、しなくても生きてけるし。 でも、黒髪のあの子は俺を、たまにちらっと見ていた。 ショートショートです。「わたしのらいおんぼーい」のおまけです。 先にそちらを読むときゅんきゅん度が増すかと思われます。 金髪の人って、目が綺麗なイメージがあるんですよね。 だからついつい目で追っちゃいます。(an)
Read
Love Story
Youth
ふたりの
片思いから始まった二人の恋模様。 さて、いよいよ二人は、自分の気持ちを相手に伝えることができるのでしょうか? らいおんぼーいとくろかみがーるのその後のその後です。 密かに嬉しきリクエストをいただいたので、早速書いてみようと思います。 リクエスト?なにそれおいしいの?私ですか?大好き大好き/// でもよし!いいものを書くぞ!頑張るぞ!って思えば思うほど、残念な程に空回りするタイプなので…ふわっと書いてみます。どうぞお手柔らかによろしくお願いします。(an)
Read
Love Story
other
今日も、また
“これは、ただ、焦ってるだけなんだ。” 昔から幼馴染の岸に対して、何か特別な感情があるのではないかと考え始めた澤。 決してこの気持ちは恋ではないとずっと否定をしつつも、 徐々に自分自身、その気持ちをどうしていいのかわからなくなる。 そんな中、岸に好きな人が出来たとの噂を偶然聞いてしまう。 真相を確かめようとしたら、思わぬ方向に・・・。 ほのぼのBL小説です。じれったい恋をする男子高校生のお話です。 初めての続きものです。はじめまして、anと申します。完結しましたので、ご覧くださいませ。(an)
Read
Love Story
Youth
へんしん
恋は人を変化させる。 恋は人を変身させる。 人は恋に化かされる。 人は恋に騙される。 でも今だけはそれを、夏のせいにしちゃいましょう。 らいおんぼーいとくろかみがーるのその後のその後です。 夏祭りをテーマとした企画作品です。 らいおんぼーいとくろかみがーるの甘く切なく、少しだけ・・・なお話です。(an)
Read
Love Story
other
今日も、また おまけ
「別に何も始まんないよね。」 「始まんねーよ。いつも通りだ。」 「いつも仲良しだもんね。」 「そうだな。」 「澤ちゃん、なんでこっち向かないの?」 「お前が見すぎなんだよ。」 「あら、ごめんなさい。」 「別にいいけど。」 「ふふ。」 澤と岸の、その後のお話をいつくか書かせていただきました。自分なりにですが、全体的に結構甘くしました。ラブラブな二人を見てもいいという御方は、どうぞご覧下さいませ。あ、ほのぼのBLでございます。(an)
Read
Love Story
other
まちびときたれり
僕にはいます。 ずっと待っている人が。 今日も、明日も、明後日も。 秘かに待ってる人、皆さんにはいますか?微BLです。(an)
Read
Love Story
other
双子の憂鬱
双子にはいろいろと悩みがあるようです。 BLのショートショートです。 個人的にこの手のお話、私大好きなのですが、皆さまはいかがでしょうか? 短めのお話なので、さらっと読んでいただけたら幸いです。(an)
Read
Love Story
重なる。
思いは、重なる。何重にも。 知らない間にほら、こんなに分厚くなった。 ショートショートです。 こちら企画もので、元々冒頭のみの作品なのですが、勢いで完結させました。 私の中で、これはかなりの、挑戦です。(an)
Read
Love Story
other
START
恋の始まり。 友情の終わり。 戸惑いの始まり。 自信の終わり。 お前は、俺を、どう思う? 微BLのショートショートです。三篇構成です。 いつもとは違う恋に走ろうとしてしまう、一人の男性のお話。 ありそうで、ない。なさそうで、ある。そんな世界があっても、いいのではないでしょうか?(an)
Read
Love Story
other
縛。
無理やりではなく。そっと。 あたしの場合はこういう形での、あなたへの、愛。 ショートショートです。 個人的に、束縛はあまり得意ではありませんが。 嫉妬は少し、人並みにはしてします方でございます。(an)
Read
Love Story
Youth
終わるか。終わらせるか。
恋を終わらせるのは、誰か。 冒険を、また、してみたいなと思いました。(an)
Read
Love Story
other
君とのあの瞬間を僕は忘れたくなかった
君は言ったね。 「忘れていいよ」って。 僕は言ったね。 「忘れないよ」って。 でも僕は、それを言ったことすらも忘れてしまっていたんだ。 BLです。あるテーマに基づいて書いてみました。そのテーマはラストのその瞬間に。もしかしたら冒頭に。もしかしたら途中に。もしかしたら…ふわふわと更新していきます。よろしくお願いします。(an)
Read
Love Story
other
fragment
片思いとは、何故にこんなにも報われないのだろう。 俺はそう思って生きてきたんだ。 BLのショートショートです。 恋の中で一番ドラマがあるのが、片思いだと勝手に思い込んでいます。 なので、ちょっとこういうのもありかなと思い、思い切って書いてみました。 こういう恋をしている人は、是非ご一報を。(an)
Read
Horror
other
待ってた。
ずっと待ってた。この日が来るのを。 ホラー読むの好きなんだけど、書くのって本当に難しいですね。 果たしてこれはホラーになっているのだろうか、どうなんだろうか。 是非気楽に、楽な姿勢でご覧くださいませ。(an)
Read
Love Story
other
欲しい。
それがもし、私だったら? あなたは私を受け入れてますか? 初めてのGLです。 少しだけかもです。微GLかもです。 初めてです。何もかもが初めてです。 もしかしたら続編書くかもです。 どきどきしながら書き綴ってみました。(an)
Read
Love Story
other
ー情ー
俺とこの人の毎月やってくるこの時間は、いつもこんなストーリーなんです。 BLのショートショートです。 独身の男性と、奥さん持ちの男性がお送りする、ちょっと甘めの、ほんの少し大人の、そんな物語。 非常に素敵な歌に出会いまして、そのメロディアスな雰囲気をBGMにふわりと書いてみました。(an)
Read
Love Story
other
くろわっさん
僕は今日もあの人を待っています。 僕のこの平凡な日常に変化を与えてくれた、あの人のことを待っています。 まちびときたれり、おまけです、そのよんです。 とある方からのご要望がありましたので、おまけを書かせていただきました。 今回はBLですが、前回分の微BLが大丈夫ありましたら、きっとこちらも読んでいただけるのでないかと思っております。(an)
Read
Fantasy
other
とある一人のお姫様のお話。
昔々、あるところに、一人のお姫様がいました。 そのお姫様には、欲しいものがありました。 創作企画【Oh My Cup】参加作品です。 表紙絵は近江毎様です。 画像の著作権は近江毎様にあります。 近江毎様の描かれた素敵で可憐な少女の絵に胸の鼓動を震わせながら、書かせていただきました。(an)
Read
Love Story
Youth
本当のあなたを知りたいのですが。
いつも見かけるその笑顔。 いつも見かけるその仕草。 いつも見かけるその本音。 あなたの本当は、どれなのですか? ショートショートです。 女性というのは、時に何気ない生活の人場面ですら舞台の壇上と化して、その冷たい地面の下でも女優になれるのです。 何て事を考えながら、書いてみました。(an)
Read
Love Story
Youth
あなたの恋を、応援したいんです。
本日、私のお店に来たお客様は、 恋をしていました。 創作企画【Oh My Cup】参加作品です。 表紙絵は近江毎様です。 画像の著作権は近江毎様にあります。 近江毎様の素敵な絵の香りに誘われて、恋の物語を書いてみました。(an)
Read
other
お隣さん
小さな壁の薄いアパートに住む一人の男性のちょっとしたお話。 ショートショートです。少し勢いだけで書いてみました。 どうぞご覧ください。(an)
Read
Non-Fiction
後ろ。
みなさまには、こんな体験ありませんか? 嘘でしょうか?真でしょうか?実は、後者なんです。(an)
Read
Fanction
  • Write your story
  • Upload image
  • Search
  • My Library
  • My Page
  • User Settings
  • FAQ
  • Sign Up
  • Login
Genre
Story Language
English
©2015 Taskey Inc.
Login

Log in with an SNS account
×
Invite
&
Feedback
Invite Friends
Feedback
Display Language
This changes only the language that taskey is displayed in. It will not change the language of the stories shown to you.
Story Language
This changes only the language of the stories displayed. It will not change the language that taskey is displayed in.
Save
×
Contact
Feedback
※Required
Send
Thank you for using taskey!Please don’t hesitate to give us feedback about taskey.
※Required
For those who require a response, please write your mail address.
Send