長編(?)小説執筆中。。相変わらず、投稿は不定期。。

ハル

@makoto_anameka

Follow
Following
Follow
Saved
50 characters or fewer
400 characters or fewer
Mystery
Non-Fiction
One Day Week~ある日の一週間~
妹が、死んだ。 私と5つ歳が離れた妹。 妹の死因は。 れ?あれ? なんだっけ。 妹が死んだ?死因?なんで? なに考えてるんだろ。 だって、私の妹は、 【シンデナイ。】
Read
Love Story
Mystery
窓ぎわのかのじょ
僕の学校の七不思議のひとつ【窓ぎわのかのじょ】。 東校舎2階の突きあたり。 2-3隣の空き教室。 午後3時33分になると《窓ぎわ》の一番後ろの席に 女の幽霊が現れる。 その幽霊を見た人間は、眼を潰され、身体を八つ裂きに されるのだ。 当然、僕は《その手のもの》に興味がなかったので 気にも留めなかったが。 でも、そんな僕でも《その手のもの》を信じるしかない出来事が 起こってしまうのだ。
Read
Poetry
Non-Fiction
「死」への伝言を君へ。
誰しも1度は考える「死」。 「死」って、なに? 「死ぬ」って、なに? 命がなくなること? なにもミエナクナルこと? この気持ちが消えてしまうこと? 愛する人と、永遠の別れてしまうこと?
Read
Horror
Mystery
白の悪魔と黒の天使。
母が死んだ。それは、突然の宣告だった。 「…………そんなわけないじゃん。母さんが××するなんて。」 きっと【あいつ】のせいだよ。絶対【あいつ】のせいだ。 だって母さんは私に言ったんだもの。 『××××××××××××××××』 ねぇ、涼太郎。 私のこと、信じてくれる? そっか。じゃあ、私と一緒に《殺りましょう》。
Read
Horror
Mystery
夏の夕闇、かくれんぼ。
双子の姉妹、ミアとリア。 ミアは人懐っこく、明るくて活発な姉。 リアは大人っぽく、クレバーで落ち着きのある妹。 ふたりは対照的ながらも、とても仲が良かった。 ある日ミアはふと、両親が自分だけに冷たいことに気づく。 そして日常生活の中でも異変を感じた。 リアに相談しその原因を探すことになるが、そこには 思わぬ真実が待ち構えていた――――
Read
Love Story
Youth
好きではないのです、センパイ。
先輩。 センパイのことは、好きではないのです。 ただの、"憧れ"なのです。 ただの、"ファン"なのです。 決して好きなんてことはないのです。 なのに、メールをもらっただけで喜んでしまうのはなんででしょう? たまに話して嬉しくなるのはなんででしょう? 見かけるだけで幸せな気分になるのはなんででしょう? それでも、決して好きなんてことはないのですよ。
Read
Fanction
  • Write your story
  • Upload image
  • Search
  • My Library
  • My Page
  • User Settings
  • FAQ
  • Sign Up
  • Login
Genre
Story Language
English
©2015 Taskey Inc.
Login

Log in with an SNS account
×
Invite
&
Feedback
Invite Friends
Feedback
Display Language
This changes only the language that taskey is displayed in. It will not change the language of the stories shown to you.
Story Language
This changes only the language of the stories displayed. It will not change the language that taskey is displayed in.
Save
×
Contact
Feedback
※Required
Send
Thank you for using taskey!Please don’t hesitate to give us feedback about taskey.
※Required
For those who require a response, please write your mail address.
Send