「小説家になろう」「エブリスタ」でも作品を掲載しています。

青野栞

@saya_blue_12

Follow
Following
Follow
Saved
50 characters or fewer
400 characters or fewer
Love Story
Mystery
灰色の街に降る雨は、いつも苦い想い出を連れてくる
冷たい雨が降る夕暮れ時に出会った女。彼女はマリアと名乗った。厄介ごとに巻き込まれるのは分かっていたのに助けたのは、かつて愛した女の面影をマリアに重ねたからなのかもしれない。運命の出会いが俺の心を深く揺さぶる。 登場人物 俺(主人公) 年齢 30代後半 私立探偵 愛車はフォード・マスタングGT マリア 25歳 雨の街で出会った女 ☆「マリアという女」改題
Read
Love Story
つらい恋なんか投げ捨ててやるんだ
愛することの素晴らしさと苦しみを教えてくれたあなたに、わたしはこの桜の下で別れを告げる・・・。 あなたを愛していた。だから日陰の恋でも我慢した。でも、あなたを愛し続けたわたしは今年で27になる。若さなんて桜のように儚く散ってしまうもの。 だからわたしは儚い恋を終わりにする決心をした。
Read
Horror
Science Fiction
ゴースト イン ザ スペースシップ
逃げてゆく怪しい人影を追う私。だがここは宇宙船の中。いったい何者なのか… そして… 宇宙空間にも幽霊はいるのだろうか…
Read
Science Fiction
Love Story
AIにも愛を~あの夏の君に会いたい~
彼女はあの夏の浜辺で待っている。もはや帰ることのない恋人を…ずっと…ひとりで… 命ってなんだろう 気持ちはどこで感じるのかな 誰かを好きになるってどういうこと? 愛ってなに? 愛するってどんな気持ちなの? そういうことは「人」だけしか分からないのかな 人そっくりに作られたコンピューターは、誰かを好きになれるのかな 愛が分かるのかな 教えてパトリシア 教えてリチャード 僕は愛を知りたいんだ 主な登場人物 【 ルナ 】 主人公 (自分のことを"僕"と言うが、外見は女の子で…?) 【 ベルトラン 】 ルナの相棒のサイバネティクス・コンピューター(外見は鳥) 【リチャード・シルヴァースタイン】 ルナの創造主 【パトリシア・クルーガー】リチャードの婚約者
Read
Poetry
Love Story
詩 Bleu
Bleuはフランス語で青のこと。 青のイメージの詩集です。
Read
Love Story
甘ったれなブルー
幸せなのにブルーなのはなぜ?それはいつかこの幸せが終わってしまうから・・。 幸せなのに涙が止まらない。いつかあなたが居なくなってしまうかもしれないから。 わたしは今日も青い月の光に抱かれあなたに抱かれて眠る。 この涙が乾くまで、わたしが眠りに落ちるまで側に居させて・・ 泣き虫の沙羅(さら)と彼女を深い優しさで包む悠矢(ゆうや)の甘い甘い溺愛ストーリー。
Read
Horror
Love Story
君に永遠の愛を誓った僕はすべてを忘れた。霧の街の館で再び君という運命に出逢うまで
かつて愛した懐かしい君を追って霧の街をさ迷うぼくは古びた館にたどり着く。そして…
Read
Love Story
シフトノブの温度
愛する人に触れた指先から生まれる感情は、目を閉じて触れても同じなのだろうか。 イタリアの作曲家マスカーニのインターメッツォを聴くと、わたしの胸はいつも、あるはずのない懐かしさに満たされる。それは、わたしが幼い頃の欧州の教会で感じた記憶を呼び覚ますからだと彼は言う。 感情を呼び覚ますものとは何だろう。 彼に触れたときに、わたしに生じる感情はどこから来るのだろう。 触れた指先から? 彼が見えないように目を閉じて触れても同じなのかしら。
Read
Love Story
Youth
僕は列車を降りて君と歩き出す ー夜を走る列車と僕の寓話ー
闇夜を走る列車は 今宵も幾多の夢を運び 人々の心に浪漫の欠片を そっと忍ばせる それは遠い日の郷愁と 過ぎ去った日々への痛みだった そして列車は夜を走り やがて夜明けのStationにたどり着く そこで僕を待つひとりの少女 会いたかったわ...わたしを忘れちゃったの? 今どうしているの?あなたの夢は叶った? そして僕は遠い日の夢と希望に満ちていた自分を思い出す。
Read
Fantasy
Horror
最果ての城の姫 (Fragment Fantasy)
幻想譚断章 (グロテスクな表現があります。苦手な方はご注意ください) 世界の終わる処…何処とも知れぬ深い森のさらに奥深く…人知れず聳える「最果ての城」。そこに住まうは麗しき一人の女。女は愛する人を待っていた。何年も何年も。 時が経ち城が忘れ去られて、待つことに飽いた女はこちらから愛する人に逢いにゆくことにした。だが長い年月の末、女は自分の名前も愛する男の名前も忘れてしまった。 女はただひとりの従者たる黒い騎士を引き連れ城を出発する。 「姫の愛する人の名は?」 「知らぬ」 「…御意。では参りましょう。私が姫をお守り致します」
Read
Love Story
Peace Piece
ふたりだけの車内に流れる、静謐さに満ちたビルエバンスのピアノ たとえばそれは湖を渡る風 さざなみを起こして過ぎ去る記憶 夜を走る車は、優しい雨に抱かれる
Read
Fanction
  • Write your story
  • Upload image
  • Search
  • My Library
  • My Page
  • User Settings
  • FAQ
  • Sign Up
  • Login
Genre
Story Language
English
©2015 Taskey Inc.
Login

Log in with an SNS account
×
Invite
&
Feedback
Invite Friends
Feedback
Display Language
This changes only the language that taskey is displayed in. It will not change the language of the stories shown to you.
Story Language
This changes only the language of the stories displayed. It will not change the language that taskey is displayed in.
Save
×
Contact
Feedback
※Required
Send
Thank you for using taskey!Please don’t hesitate to give us feedback about taskey.
※Required
For those who require a response, please write your mail address.
Send