本城ちぃ

@taskey_user_95760030

Follow
Following
Follow
Saved
50 characters or fewer
400 characters or fewer
Fantasy
普段は見えないけれど、ある力を発動した時、手の甲に『@』とその横に数字が表れる女の子・紅(こう)14歳。 生まれた時からあるその力で、疑問も感じずにいわれるがままに戦ってきた紅。 ある夜、いつものように戦いから戻ってきた紅の元に、来訪者が現われる。 闇の中、キッチンに佇む姿。 明るくなった部屋で彼は告げる。 「探し物を取りに来た」と。 紅のお気に入りのグラスを割り、その欠片をつまむ彼。 欠片を指先で弾くと、欠片の中からゆっくりと碧い物体があふれ出してくる。 それはやがて人の形となり、「はあ…窮屈だったぁ」と言いながら伸びをする男の子へと変化した。 アッシュグレイの髪をした、ぱっと見美少女のような男の子の名は、類(るい)。 グラスの欠片と同じく碧い髪と瞳をした男の子の名は、リドル。 「紅ちゃんに明かさなきゃいけないことがあるんだ」 リドルが語る言葉は、紅のこれか...
Read
Fantasy
緋の泪
鬼と悪魔の間に生れし子、六鬼(ろっき)には、共に暮らす鬼たちにはない能力があった。 その力で鬼を守るために戦う六鬼。 戦いを続けていく中で探し求め、感じた心と、自分の中にみつけた愛情。 戦いの終わりに、六鬼がみんなに贈ったものは……。 ※小説家になろうにて執筆していたものの、改訂版になります。
Read
other
指先
テレビの中だけの話だ、虐待だなんて。 あたしは違う。 あたしは悪くない。 悪いのは……。
Read
Fanction
  • Write your story
  • Upload image
  • Search
  • My Library
  • My Page
  • User Settings
  • FAQ
  • Sign Up
  • Login
Genre
Story Language
English
©2015 Taskey Inc.
Login

Log in with an SNS account
×
Invite
&
Feedback
Invite Friends
Feedback
Display Language
This changes only the language that taskey is displayed in. It will not change the language of the stories shown to you.
Story Language
This changes only the language of the stories displayed. It will not change the language that taskey is displayed in.
Save
×
Contact
Feedback
※Required
Send
Thank you for using taskey!Please don’t hesitate to give us feedback about taskey.
※Required
For those who require a response, please write your mail address.
Send